SEO広告

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*♪華のように 雪のように 霧のように 露のように、ココロは儚いの.......。*

2007年07月29日 16:03

20070729160320
参院選…。
政治家は、カッコイイ事を言う癖に、当選した瞬間から、「公約(マニフェスト)」なんか忘れる。

私は、去年夏から病院に監禁(言い方考えたら、Doctorに嫌な想いをさせるので自主規制)されていて、入院中に母から「総理が〇泉純一郎さんから安倍総理になったらしい…。」と病室で聞いた際、「そんな事で世の中が変わるのなら、皆さん幸せになるでしょう。」と考えていた。

私は、身障手帳を持った事で、ウチな母と家族&親戚の温かい見守り、幸い、FOV友達、浅岡雄也さん関係友達、嵐友達、SLE関係さんが居るので、自分的には、あんまり贅沢は出来ないけど、病状は散々過ぎても、精神的に参りながらも、何とか自分に、少々しんどいけども満足をしながら。

「こんな世の中だったら、病気や障害をお持ちの人は疎か、子供を育ててる方達に、しんどい世の中よね…。」とか考えてしまう。

だから、私は期日前投票の手続きはして、選挙は行って来た。
何も変わらない世の中だからこそ、国民が苦労しなくちゃいけないのは如何なものか。

誰かの心が寂しいから、疲れてるから、人が人を励ます。
友達を励ますのは、当たり前だけどね。

「身体障害の人は、『貴女、車椅子を押してあげよう。』たて、声掛けられたらホッとするよ。」
こないだから、デイサービスで会って意気投合した某Yさん。
「僕の名前を出したら、阪神甲子園駅の駅員が、つゆかさんを車椅子ごと持ち上げてくれるで!
あと、秘密組織からパソをパクって来てあげるわ(笑)」
彼、冗談が過ぎて面白いよ~。

残念ながら、私は一票を投じたから日本がしっかりしてくれなくちゃ困る。

医療ミス、介護給付サービス(某コ〇スン…?)とかで争う世の中。

私なんか、自分の病気が膠原病属のSLE、と言うだけで、入院中の受け持ちDoctorとかが経験浅くて、受け持ちが血液専門医の癖に専攻医だったりで、入院生活してた時、患者の私がSLEの事を教えなくちゃいけなくて、内心「ハァ…?(´Д`)」って感じがしてた。

Doctorから診たら(医師所見)「つゆかさんはSLEの所為で、両下肢が麻痺している。だから今はじっと休んでてね。」
Doctor達から診たら、「身体悪いから、生活苦しいから働きたいのね。」って想われる。
まぁ、自宅療養する為に実家に帰ったから、退院から二ヶ月半が過ぎて、これから夏だから、紫外線を気にしながら、自分なりに頑張ります。

足が麻痺してて、装具慣れの痛みっつうか、病気から来てる痺れの所為で頓服2錠を消費しつつ生きてます。

これからFIELD OF VIEWでも聴いて、ゆっくりします。
ZARD追悼BESTに「君がいたから」入るみたいですね。友達から聞いて心中が複雑過ぎて訳がワカラナイ。

※添付※
使用中の基礎化粧。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://silverbells.blog37.fc2.com/tb.php/603-8a1c7842
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    sb001.jpg


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。