SEO広告

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張ってる人にしか響かない。

2006年12月18日 10:02

W先生が来ましたよん♪「先生、いつ頃病室とか病棟変わるん?」「まだまだ先の話やで。」「あと、先生ってアウディ乗ってるやろう?うちのお兄ちゃんがドイツ製とか言ってた。アウディ乗ってるくらいやったら、芦屋のお医者さんやから金持ちやろうって言ってた。うちのお兄ちゃん、タクシー運転手やねんで。」「そうなん?(笑)僕は金持ちじゃないで(笑)じゃあ、お兄さん仕事めっちゃ大変ちゃうん?」「いや、結構充実しとるみたいよ。」「金曜日辺りからステロイド20mgに減らすかも。もう三週間経つでしょ。」うれしい!「先生、ステロイド減る度に風邪引いてるような気がするんやけど。」「風邪引くのは仕方のない事。ステロイド減らさないとあかんやろ。
ステロイド減らして、SLEに影響が出て来ないと限らないと思うし。」

とにかく、浅岡雄也さんに励まされておりますよ。頑張ってる人にしか、浅岡さんの歌は響かないんだって。

あと、ナチュラルは「ありのままの自分」って言う意味だそうですよ。思い出した!No titledのファイル見て思い出した…。

今日も浅岡雄也さんをらびゅう(笑)
スポンサーサイト


コメント

  1. そうです。頑張ってる人にしか響かないんです!

    私が、この言葉を浅岡さんから聞いたのは、去年の名古屋ライブの時でした。浅岡さんのお友達さんが、浅岡さんの歌に対して「お前いつまで、青臭い歌を歌ってるんだ。考えた方がいいんじゃないのか。」というようなことを言われたそうなのですよ。でも、そのお友達さんが入院した時、「浅岡お前の歌いいよ...。今の俺には、すごく響くんだよ。」と、言われたそうです。それを聞いた浅岡さんは、心の中でヨシっ!と思ったとのこと。「僕の歌は、頑張っている人にしか響かないように作ってあるんです。皆さんには、伝わっていますか?響いていますか?」それを聞いたとき、ものすごく感動してジーンとしました。
     何度も何度も、浅岡さんの歌に励まされて、ここまで生きて来れたんですもん。「初めて出会って恋に落ちる」そんな感じです。私が、浅岡さんの歌に出会ったときは、恋なんて、そんな優しい状況じゃなかったですけどね。
     でも、そこで、出会ったから、高校・大学・お仕事で辛いことがあっても、こういう病気になっても、こうして生きていられるのですから。
     私を初めて救ってくれた歌は「Dreams」でした。作詞・作曲は、浅岡さんじゃないですが、この歌に出会っていなければ、今ここには居ないです。浅岡さん御自身も、この歌が、好きだと聞いて、涙が出そうになりましたよ。(TT)
     私も、今日はリハビリでした。次の診察は、25日。せめて「12月の魔法」でも聞きながら、病院に行こうかなぁ。ここ数年クリスマスとはご縁が無いけど...。
     マイナーチェンジばかり繰り返して、まともな更新はできてないんですけど。私もFOVのコンテンツのある
    HP持ってますので、よろしかったら、暇つぶしにでも遊びに着てやってください。100質答えたのは大学時代でしたから...(汗)
     

  2. つゆか | URL | /Cc3pzXQ

    ももさと様。

    浅岡さんのお友達が入院した時に、「いつまで青臭い歌歌ってんだよ。」って言われたのか…。でも、浅岡さんの曲はすごく響くよなぁ。闘病中の何よりの励みだし。浅岡雄也さんがいないと流石に生きていけないなぁ。本当に、頑張ってる人にしか響かないんだな…。

  3. つゆか | URL | /Cc3pzXQ

    桃里様。

    私が現在救われているのは、トキノシズクと浅岡さんとtFOVの曲ですなぁ。好きになったきっかけは、突然なんだけどね。発病前だったし。うーん、3回目の入院の時にNOWHERE NOWHEREがめちゃめちゃ励みになって、ナチュラルとか風よとか終わらない恋とかながれる雲とかすごい励みになって、ノイローゼとかになったりしてて、めちゃめちゃ励みになったのよ。その時に、浅岡さんから闘病頑張ってメール貰って。うれしかったなぁ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://silverbells.blog37.fc2.com/tb.php/523-d8326949
この記事へのトラックバック


最近の記事


sb001.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。