SEO広告

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感情をコントロールできない自分。

2006年12月07日 15:58

また泣いてしまった…。
ナースコールの鳴らし過ぎで大好きなW先生に怒られるかも…。看護婦さんに「できる事はできる、できないと思ったら呼んでくれたらいいよ。」ひたすら「ごめんなさい。」ばっかり繰り返してた。自分がすごく情けない。早く家に帰りたい。でもそれができない。リハビリも頑張ってるし、先生の指示もちゃんと守ってるし。努力が足りないのかな?何ができるんだろう、私には。迷うよ。
めっちゃ情緒不安定。
あぁ、きっとW先生に怒られちゃうよ。
スポンサーサイト


コメント

  1. 瑞穂 | URL | Xt08U5f.

    こんばんは^^

    辛いね…。でも泣きたい時は泣いていいと思うよ。
    我慢しなきゃいけない時と我慢しなくてもいい時があると
    思うから…。何も出来ないけど毎日念を送り続けるよ^^
    ファイト!!! つゆかちゃん☆

  2. つゆか | URL | /Cc3pzXQ

    前向きに

    頑張るわ。泣いてる私は私らしくないし。何とか頑張るわ。

  3. ももさと ひのき | URL | V6RQWiPs

    『遠回りした道も 絶対 意味がある』

     その気持ち、私も同じような状態だったときがあるので、近い感情で分かると思います。看護婦さんは言ってくれたのです。「ここは、病院です。病気を治すためにいるんです。無理をする所じゃないですよ。私達は、患者さんの助けをする為にいるんですから。それが私のお仕事ですから、申し訳ないとか、思っちゃダメですよ。」そう思うことでまた一つ病気を増やしてしまうからって。
     そのとき初めて、自分は安心してここに居ていいんだって、泣けました。
     
     泣いてもいいんですよ。そうやって、だんだん元気な自分に近づくことが出来ますから。
     
     頑張ることは大切なことです、でも無理は絶対に駄目です。泣いていいんです。泣かないとやってられないこともありますもの。
     
     雄也さんの歌を聴きながら、いっぱい、いっぱい泣きました。それから、不意に耳に入ってきた歌詞に、励まされて、今、私は、ここに居ます。それはFOV時代の歌であったり、ソロになってからの歌であったり色々でしたが...。でも、本当に、支えられました。
     家族に頼れなくて、看護婦さんにも、あまり頼っちゃいけないと思って、苦しくて苦しくて、そのとき、支えてくれたのは、ほかでもない『歌』でした。病気の自分を責めたり、情けないと思ったりしないで。とは、言えません。私にも、そういう時期も、ありました。だから、支えになるものがあるのなら、それに頼ってもいいと思います。私には、それが、浅岡雄也さんの歌で、それがご縁でこちらに来られたのですけど(^^)

  4. つゆか | URL | /Cc3pzXQ

    ももさと様。

    ももさと様だから分かる事もあると思うの。同じ自己免疫疾患だしね。現実はすごく過酷だけど、何とか頑張るしかないのよ。浅岡さんに励まされて毎日を生きてるって感じかな?(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://silverbells.blog37.fc2.com/tb.php/509-3e41657e
この記事へのトラックバック


最近の記事


sb001.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。