SEO広告

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはようございます!

2006年12月05日 10:01

朝からW先生とM先生が来たさ。ももさと様のCIDPがすごい気になったので聞いてみた。「あれは神経内科の病気やな。」と教えてくれたぞ。「変わりはない?」と聞かれたので「特に変わりはない。」と言ったよ。「リハビリで少しずつ動けるように頑張ってください。」と言われたよ(笑)
「CIDPはSLEと違うからな。SLEは内臓の病気やし。」「でも私は内臓悪くないもん。」と言ったさ。あと、W先生に「今週中にはMDを渡せると思うよ。」って言ったら笑ってたさ(笑)あの笑顔、めっちゃ嬉しいぞ(笑)

やっぱり先生のファンやわー(笑)
いろんな友達にW先生の写真を送ってるけども(笑)反応が「かわいい。」とか「友達になりたい。」とか「萌えやな(笑)」とか(笑)めっちゃ面白い(爆笑)
W先生ってめっちゃクールよ(笑)

今日も浅岡雄也さんLOVEで行きますぞ(笑)
スポンサーサイト


コメント

  1. ももさと ひのき | URL | V6RQWiPs

    そうなんです、CIDPは神経内科なんです。

    SLEとはちょっと違っていて、ステロイドパルスとか、治療法はちょっと似た所もあるんですけど、身体障害者申請も難病認定も認められない病気なんです。数は、年間10万人に1、2人発病するかどうかということで、何度も、治療実験を頼まれたこともあります。神経根を免疫が攻撃することによって四肢に送られるはずの脳からの指令が抹消され、動けなくなるのです。一番酷かったのは、3回目の再発時で、身体を起すことも寝返りを打つこともできませんでした。流石にその時は、看護婦さんにトイレも食事も手伝ってもらわねばならず、自分が情けなくていっぱい泣きました。元スポーツインストラクターの名に賭けて、どんなに大変でも身体が動く限りはギリギリまで動かさねば、筋肉が駄目になると自分に言い聞かせて、骨に負担は掛かるけど、動く部分の筋肉を総動員して、動けるだけ動くように、心掛けていたのです。けれども、そんな努力も打ち砕いてくれちゃうのがCIDPという奴で...。グロブリンが効いている間は、おとなしくしていてくれるのですが、それが切れると暴れだすという、全くもって、時限爆弾な奴なのです。ある程度、免疫抑制剤も効いてくれているので、体調がよければ、たまにライブに行くことくらいは出来るのですけどね。(^^)私は今年一年働けませんでしたので、同人誌売りまくりで11月のライブ費用を稼ぎ、1夜目だけ行くことが出来ました。やっぱり、浅岡さんはイイですねv

  2. つゆか | URL | /Cc3pzXQ

    そっかぁ。

    主治医の先生が神経内科の病気だって言ってたけど、すごい過酷ね…。私もSLEのCNSループスなのね。で、両下肢麻痺。10月からリハビリ始めて、まだ自分では移動すらできないのよ。介護して貰いっぱなし。リハビリで少しずつは動けるようにはなってるんだけど。ちなみに、ももさと様は何ジャンルのヲタ?私は芸能系(笑)もう10年くらい前からのヲタ(笑)

  3. ももさと ひのき | URL | V6RQWiPs

    ジャンルは...

     ヲタになったのは高校くらいからでしたが、アニメ・ゲーム系が長かったですね。途中、FOVの皆様をキャラクターにして、RPGとか未来警察物とかも書いたりしてました(恥)友人がイラスト担当で、私が文章担当でした。それをWeb上で復活させようか?という話しが、ちょっと持ち上がっているんですけどね(汗)全ては、相棒と私の自己満足の為...なんですけど。ただ、さすがにご本人様の実名を使うのは、ヤバイだろうということで見る人が見れば分かるくらいの変更で加筆修正しながら今、HPにコーナー作ろうかなぁと画策中です。何時になるか分からないけど...。(笑)そういえば、浅岡さんのオルゴールも良いですよね。一時期、私の病気にはオルゴール療法というのがあると聞いたことがあって、2つのオルゴールを聴きまくったことがありました。まあ、ナマウタに勝る薬はないですけど。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://silverbells.blog37.fc2.com/tb.php/504-58c35f94
この記事へのトラックバック


最近の記事


sb001.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。