SEO広告

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キミヲマモリタクテ。

2005年11月17日 21:24

「早く帰って来いって云っただろ?心配する側の気持ちも考えろよ?」
久し振りに帰りが遅くなった、冬の或る夜。
玄関のドアを開けた途端に、告げられた言葉が.........上の言葉で。
友達と1ヶ月振りに会えて、話に夢中になって........帰るのが少し遅れただけなのに。
「電話してくれたら............迎えに行ったのに。女のコなんだから、1人で帰るの...............危ないって解るだろ?もし............誰かに襲われたりしたらどうする?」
玄関先で、子供が両親に門限の事で叱られているような..........そんな状態。
ずっと、俯いて........志耶の言葉に耳を傾けていた。
「抄香の事、抄香のお父さんから預かってる以上..........俺が守らないといけない。
抄香が誰かに襲われたら............何て言い訳するんだよ?」
志耶はいつも、私の事を子供扱いする。
私が6歳も年下で、考えている事もコドモで..........志耶に甘えてばかりいるせいかも知れない。
”預かってる”とか、"未だ子供なんだから"とか...........云われる言葉は決まってる。
いい加減、子供扱いされる事に抵抗を感じてるのに..............。
志耶が優しいせいか、反発出来ないでいる。
「部屋に入れてよ..............?」1日歩き疲れたせいか、足が痛い。
早く部屋に入れて欲しいのに、志耶は此処で話を続けようとする。
「ちゃんと俺の言葉...........聴いてたのか?解ったのか?」
いつも子供扱いで。一度も対等に話してくれた事がない。
「ほっといてよ..............。志耶に私の気持ちなんて解らない!」
何かが..........私の心の中で吹っ切れていた。
対等に話してくれる事のない志耶に、反発したくて仕方なかったのかも知れない。
「抄香................?」背後から志耶の声がする。
歩き疲れた足を引きずって、部屋に行く。
カバンの中身を引っくり返すと...........、手帳に、財布に..............。
志耶と行く約束をしている映画のチケットが出て来た。
泣くつもりはないのに、ひとりでに涙が溢れてくる。
「どうしたんだよ...........? 疲れたのか? それとも...........俺。悪い事した?」
隣から、志耶の声がして。志耶が私の顔を覗き込む。
「あっち行ってよ............。一人にしてよ.............。誰とも話したくないの。」
そう私が云うと、志耶は私の身体を強く抱き締めた.............。
「なんで拗ねてるんだよ.............? 俺、何か悪い事した?」
「志耶..............。大嫌い..............。」
                           To be contineud

□言い訳と云う名の解説。/笑□
志耶さんと抄香ちゃんは、6歳歳の差があります。
この後、物語は急展開していく訳ですが...............。
まぁ、それはまた後日って事で(笑)
「いつも子供扱いされてるから反発したかった抄香と。
抄香を預かっている以上、守りたくて仕方ない志耶と。」
ってカンジでしょうか。
タイトルは、浅岡雄也@キミヲマモリタクテ。からパクりました。
浅岡さん。此処読んでいらしたら済みません。
って、たぶんこんなしょぼくれたブログ読んでる訳無いかー。/笑
このSSは、何年も前に書いた物で最近ウチの物書き用ファイルから
発掘されました。/笑
分厚い、ルーズリーフが挟んであるファイルです。
これを読みながら、トキノシズクを聴いたり。
at the beingを聴いたりしている訳です。/笑
続く、のかな?(笑)
たぶん、続くでしょう。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://silverbells.blog37.fc2.com/tb.php/5-023dd685
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    sb001.jpg


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。